スマホ老眼の進行を食い止める方法とは

スマホ老眼の進行を食い止めるためには、まず、原因を確かめることが重要です。
原因として、まず、長時間同じ体制でスマホなどを見続けることによって、水晶体のピント調節機能が働きにくくなることが大きな原因と言われております。そのため、普段から良くそういった機器を使用する方は、知らず知らずの間に進行してしまっている可能性があります。
眼のピント調節というのは、眼は水晶体の厚さを変えることでピント調節を毛様体筋と言われる筋肉を収縮させることによってそれを行います。遠くを見ると時は毛様体筋を緩め水晶体を広げ、近くを見るときには毛様体筋を緊張させることで厚くするため、近くを見ていると毛様体筋が伸縮することがないため、凝り固まり水晶体に弾力がなくなって、老眼のような症状を引き起こしてしまいます。
スマホ老眼の進行を食い止めるには、日常生活の習慣について意識を持つことが大切です。
まず、近くの物を凝視する行為などはなるべくさけて、積極的に遠くを見たりして休めることが大切です。
また、機器の使用時間を制限して、少しでも眼にかかるダメージを減らすことも大切です。さらに使用する際には、距離も意識し、40cmくらい離して使用することがお勧めです。
そういった機器にはブルーライトという可視光線の中でも紫外線に近い光線が発せられるため、眼に悪影響を及ぼすため、ブルーライトを遮断するアイテムを上手に活用することも大切です。長時間の使用で眼が疲れたら、蒸しタオルなどで眼を休め、マッサージなども血行を良くすることができるので効果的です。
スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!はこちら