乳酸菌サプリで下痢になる原因とは

乳酸菌サプリは整腸作用があることで知られていますが、利用する方の中には下痢になってしまったという方もいます。なぜ、整腸作用があるはずのサプリを服用して下痢になってしまったのでしょうか。考えられる原因はいくつかあります。それらを簡単に説明します。
まず、一つ目に考えられるのが乳酸菌サプリの過剰摂取です。サプリは食品なので副作用の心配はあまり要りませんが、効果を得るための適量はあります。しかし、早く効果を出そうとしたり高めるために必要以上に摂取してしまうと下痢になってしまう可能性があるのです。また、腸内環境は人によって異なるため、サプリによっては初めは少しずつ服用して自分で量を調整するものもあります。つまり、効果が強すぎると腸の蠕動運動が活発になりすぎて下痢になってしまうのです。そのため、このような乳酸菌サプリは少量からスタートすることが必要です。
そして二つ目に考えられる原因は腸の好転作用です。腸内環境が乱れていると老廃物が蓄積して、腸の蠕動運動が鈍くなっています。それが乳酸菌サプリにより腸内の善玉菌が増え、悪玉菌と影響し合うことで、サプリの使い初めに下痢を起こしてしまう場合があるのです。このような好転作用の場合、飲み続けることで腸内環境が整い、症状は治まります。
このように乳酸菌サプリを利用することにより下痢になるのは原因があります。過剰摂取や好転作用、または体質に合わなかったという場合もあります。そのため利用の際は摂取量を守ると共に、症状が続く場合は使用を中止して医師に相談することをおすすめします。