任意整理で整理対象外の借金とは

債権者と話し合って借金の減額をしてもらうのが任意整理です。支払いが少なくなると非常に楽になりますが、整理の対象外となるものもあります。税金の滞納や年金、交通違反の罰金など公共性が高いものが当てはまります。もし任意整理をしても支払いの継続が難しいという場合は窓口へ行って相談することをおすすめします。分割など無理のない範囲で納付できるようにしてくれます。ほかにも養育費なども対象外になります。これが免除されると相手の生活に影響が出てしまうからです。相談して減額してもらうという手もありますが、無断で支払いをストップすると裁判所により財産を差し押さえられる可能性があります。
強制的に対象外となるのは以上のものですが、債務者が意図的に対象から外すことができる場合もあります。任意整理は和解と同じものなので、債権者が納得すればある程度のことは認められます。その代表的なものは住宅ローンや車のローンです。これらを対象にしてしまうと債務者の生活に大きな影響が出てしまいます。住む家がなくなれば本人と家族のライフスタイルに大きな影響を与えてしまいますし、車もなくなってしまえば仕事に行けなくなってしまう場合もあります。そうなってしまえば、任意整理で取り決めた返済分の支払うことができなくなってしまいますので、債権者も対象外とすることを認めることが一般的となっています。他にも債権者が話し合いに応じない場合も対象から外すというケースがあります。
http://xn--eckzbs5jpgv62qo04bur2c4zd.com/niniseiri.php